2010年06月08日

国交省幹部は「ああ、そうなんだ、という感じ」(産経新聞)

 「コンクリートから人へ」を掲げる民主党政権の“主戦場”として注目される国土交通省。2日午前、退陣を表明した鳩山由紀夫首相の様子がテレビに映し出されると、職員がテレビの音量を上げる場面もあったが、幹部の大半は冷静に事態を受け止めた。

 「ああ、そうなんだ、という感じ。既定路線で驚きはない」と話すのは道路局の幹部。高速道路の原則無料化をうたった政権公約に合わせ、前原誠司国交相は4月、道路局内の「有料道路課」を「高速道路課」に改称。独自色をアピールしたが、肝心の無料化実験区間は、通行量の少ない地方路線が中心。「普通車上限2千円」などとする新料金制度をめぐっては、発表後になって党や閣内から異論が噴出、政権の機能不全ぶりがあらわになった。

 内閣改造をにらみ、省内の各部局にはこの日午後、「新大臣」への引き継ぎメモ作成を指示するメールが回った。ただ、別の幹部は「仮に大臣が変わっても、民主党の基本方針は変わらないはず。仕事に影響はないと思うのだが…」と冷めた様子だった。

【関連記事】
菅副総理が代表選出馬へ 首相に伝えたもよう
次の首相は…「いません、残念ながら」 街の声@銀座
「説明足りぬ」「当然だ」 首相辞任で翻弄される民主の参院候補者
“小沢ガールズ”三宅議員は「だいぶ前に(小沢学校)卒業した」
文科省、首相辞任に「誰が大臣になっても変わらない」
「はやぶさ」帰還へ

<口蹄疫>農水省チームが現地で疫学調査(毎日新聞)
<口蹄疫>「宮崎牛」エース級種牛5頭、抗体検査も陰性(毎日新聞)
橋下知事、菅首相に「めちゃめちゃ期待している」(産経新聞)
<脅迫容疑>記事に不満?朝日記者脅した医師逮捕 茨城県警(毎日新聞)
<大阪HIV訴訟>原告の体調悪化 国が請求金の一部仮払い(毎日新聞)
posted by カワサキ ヨシユキ at 14:54| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。