2010年01月24日

首相、使途公開の意向=偽装献金事件で−衆院予算委(時事通信)

 鳩山由紀夫首相は22日午後の衆院予算委員会で、自身の元秘書2人が起訴された偽装献金事件で実母から提供を受けた多額の資金の使途について、「資料が検察から返ってきた時に、事務所費などお示しできるところはお示しする」と述べ、一定の範囲で公開することに前向きな考えを表明した。公明党の井上義久幹事長に対する答弁。
 同事件について、首相は先の衆院代表質問で「決着済み」との考えを強調。提供資金の使途に関しては「脱税の認識はない。不正な支出はない」と主張するにとどまっていた。 

【関連ニュース】
〔写真特集〕現金ざくざく! 脱税摘発
鳩山邦夫氏、党政倫審で聴取へ=自民
政治家、秘書と「同罪」ではない=鳩山首相
2次補正、28日成立=週明け採決合意
外国人参政権への反対明言=亀井氏

首相「小沢氏は同志」=メルマガでも擁護(時事通信)
看護師の業務範囲拡大の要件で議論(医療介護CBニュース)
<外国人地方選挙権法案>石原都知事「絶対反対」(毎日新聞)
郵便局で500万円奪い男逃走 東京・江戸川(産経新聞)
<平野長官>報道表現「関係者によると」は「公平でない」(毎日新聞)
posted by カワサキ ヨシユキ at 12:23| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月23日

聴覚障害の裁判員候補者に手話通訳準備せず(読売新聞)

 高知地裁で19日に始まった裁判員裁判で、同地裁が聴覚障害のある女性に裁判員候補者として出席させながら、手話通訳者を手配していなかったことが分かった。

 女性が事前に通訳が要ると書類で求めていたが、同地裁が見落としていたという。女性は裁判員に選ばれず、同地裁は女性が帰った後、ファクスで謝罪文を送った。

 同地裁によると、女性は19日、裁判員の選任手続きに呼び出され、出席した候補者31人のうちの1人。呼び出し状に同封されていた事前の質問票に、女性は「手話通訳が要る」という欄に印を付けて返送していた。同地裁の複数の職員が質問票をチェックしていたが、見落としたという。女性は補充を含む9人の裁判員には選ばれなかった。

 女性が帰り際、職員に「事前に要望していたのに手配をしてくれなかった。私は裁判所が嫌いになりました」と書いたメモを見せたことから、チェック漏れが判明した。

 同地裁の近藤英彰総務課長は「候補者に大変迷惑をかけた。二度とこういうことがないよう、チェック体制を整えたい」と話している。

 最高裁によると、裁判員候補者の聴覚障害者が手話通訳を希望した場合、裁判所は通訳者などを手配することが制度の前提になっている。

小沢氏聴取、早期実現を=鳩山首相(時事通信)
<介護報酬不正受給>松坂市が8000万円返還請求へ 三重(毎日新聞)
道具ケア 化粧映え左右 (産経新聞)
東京・大手町 ドミノ方式で目指す国際化(産経新聞)
5月までに日米合意=普天間移設で首相明言(時事通信)
posted by カワサキ ヨシユキ at 10:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。